身体と会話 そのための…

この時期、徐々に薄着になるにつれ

「痩せたいんです!」


という言葉をよく聞きます。



冬の間、溜め込みますよね…
なんだかんだとねσ(^_^;)


かく言う私も、衣替えをして
「あれ?このスカートこんなお腹に食い込んでたっけ!?」
なんてこともこれまで何度もありました。


そして鏡の前に立って

「あーここもお肉がもうちょっとキュッとなってれば…はーあ(>_<)」
なんて。
恨めしい気持ちでつまんでみたり。
ね(笑)


でもちょっと待って。
そのお肉、
憎たらしいですか?嫌いですか?

もし、ご自分の身体をあちこち観察しながら
「ここが嫌い」「あそこがもう少しこうなってたら」
なーんて、恨みごと呟いちゃったりしてたら
大事な身体さんが 可哀想ですよ〜


大事な自分の身体は、訳あってその作りになっているのです。

もしかしたら、普段食事で摂り過ぎた栄養素を いつか必要になるかもと 脂肪として蓄えてくれてるのかもしれません。

冷えてる箇所を守ろうと、厚みを出しているのかもしれません。


自分の身に起きている事には「良い悪い」はない。
身体にも悪気はない筈なんです(^^)


そして、好き嫌いで自分を見ていたら、次から次へとそういうのを探しちゃうクセがついてしまい、
一つ解消してもまた次々と気になる場所が見つかって、エンドレス になってしまいます。

謙虚な私たちは(笑)、いいところよりも「悪い」ところを探すのが得意ですからね。


でもこれやっちゃうと、
日々 しんどいですよ〜´д` ;

楽しくない。

だから、まずは
気になる部分を嫌うのは ちょっと止めてみて、
その代わり 身体の声によーく耳を傾けてみてください♪
「今本当にお腹が空いているのかな?」
「どこか冷えてる場所ないかな?」
「ストレス溜まってないかな?」
「疲れてないかな?」

そうすると 徐々に 答えが返ってきます。
「そろそろお腹がいっぱいだよ〜」
「チョコよりも果物が食べたいよ〜」
「疲れてるから、食べるより寝ようよ〜」
ってね。

そして、ピラティスやヨガは
身体の声を聞く練習でもあるので
もしかしたら、そういう意味で
みなさんのダイエットの助けになるかもしれません(^^)

Life!

100%ヴィーガンを目指すヨギーニ ヨガインストラクター yurikoのブログ