他人?自分?どの目線で考える?

こんにちは。

学生時代、客席がひっくり返るほどの音痴のくせにバンド活動をしていました

yurikoです。(本業はパーカッションだったので大丈夫です)


運転中は誰にも迷惑かけず歌えるので運転が好きです♡


最近はこちらですね~


出だしの歌詞がすごく気に入ってる。

Just a small town girl
livin' in a lonely world
She took the midnight train goin' anywhere

(孤独に生きてきた小さな町の少女

 あてもなく真夜中の列車に飛び乗った・・)


でまたこのgleeバージョンが

パワフルでいいんだよね~

気になる方はぜひ。



てことで今日はこれを聞きながら行った先は、ルーラルスタジオ。

月2回の不定期開催なので、メンバーさんにはたまにしかお会いできませんが。



ヨガでリフレッシュできたでしょうか?



ストレッチポールで昨日までの疲れ、少しでも手放せたでしょうか?



私は先日これ(インドのマーラー)を入手したおかげで

シャヴァーサナ中しっかり瞑想できるようになりました(^^♪

私もリフレッシュです。ありがとうございました。


ところで今日はクラスの前に、

「同じ世界を見ているようで、見え方感じ方は人それぞれですね」

っていう話になりました。


もとは冷え性の話だったんですけどね。

冷え性なので冬は特に辛いというその方が

「でも冬でも手足が火照ってしかたないという知り合いがいる」

ということで。


そうなってくると、同じ環境にいてもそれぞれ感じることは違ってきますね、

って話。


また、今日の千葉の最高気温は15℃位らしいですが

沖縄から千葉に来れば「寒い」でしょうし

稚内から千葉に来れば「暖かい」でしょう。

そうは思わない人ももちろんいるでしょう。


人により、同じ環境同じ状況でも感じ方は様々ですよね。



自分の「当たり前」が目の前の人の「当たり前」とは限らない。


冷静に考えると確かにそうなんだけれど

普段は「自分の当たり前」=「全世界の当たり前」と錯覚してしまうことがありますねぇ。。

これって、コミュニケーションをとる上で注意しなければいけないことだなと

改めて考えさせられました。


そしてもう一つ

一人一人感じ方、ものの見方が違うということは

「みんなの承認を得るため」「みんなに認められたい(好かれたい)」という基準だけで

自分の行動や選択を決めることの無意味さを物語ってるなぁって。


他人に認められ、ほめられると自分に自信が持てると思うからそうするのか。違う理由かもしれませんが。


でも実際は

どんなに頑張っても、他人の見えてる世界を完全に知ること理解することはできない、

そしてどんなに頑張っても100人いたら100人全員の期待に沿うことは出来ない、

そう思った方がいい。


だから

そこにばかりエネルギーを費やすのは苦しいです。

消耗します。


私がそうだった(今でもたまにそうなっちゃう)から自信をもってそう言えます!


うん。

それじゃあどうしたらいいのか?

どうしたら自分に自信持てるの?


まずは、他人目線抜きで自分はどう感じて何が心地いいのか自分自身に聞く練習。

そして、それを元に行動しどんな結果でも自分で受け止め、そんな自分にオッケー👌を出す。


最初はよくわからないし、怖いです。

でも、徐々にこちらの方が快適に思えてくるはずです!


さぁそして

心地よさを自分に聞き、行動し、オッケー出す練習はヨガでできますよ。

まずはマットの上で小さく実践することから始めましょう♪


2月からの新しいクラスはこちらです。

MKスタジオさんは駅からも徒歩圏内。通いやすい場所にありますよ~





私のこと

Life!

"On and Off the mat" 生き方へ繋がるBody workを探求する ヨガインストラクターyurikoのブログ